多汗症の治療

多汗症の治療

多汗症の治療。紹介をつづけます。多汗症の治療は大きく分けて3種類。多汗症の治療。さて。多汗症の原因は精神的なものだけではありませんが、精神療法が多汗症の治療に有効であることも事実。特に、汗をかくこと自体に強く恐怖を感じているような状態なら、精神療法がおすすめです。精神療法、薬物療法、手術、です。精神療法ではカウンセリングで多汗症への恐怖感をやわらげたり、交感神経の働きを正常にしていくなどの効果が得られます。多汗症の治療。そうなると。抗コリン剤は汗をかくときに交感神経から出るアセチルコリンという物質を抑える働きがあり、多汗症に効くとされています。ただし、口が渇いたり、便秘になったりといった副作用があるので、医師とよく相談してから飲むようにしましょう。薬で汗を抑える薬物療法では、神経遮断薬である抗コリン剤を用いるのが一般的。これは抗コリン剤のように物理的に汗を止めるのではなく、精神的な緊張を緩和して多汗症の症状を和らげることが目的です。多汗症の治療。そうなると。これは抗コリン剤のように物理的に汗を止めるのではなく、精神的な緊張を緩和して多汗症の症状を和らげることが目的です。精神療法、薬物療法ともに完全に多汗症を治すものというよりは、症状を緩和させるもの。完全に治すのなら手術が必要になります。多汗症の手術は発汗を促す交感神経をブロックすることが目的。手のひらの汗ならわきの下を数センチ切り、胸腔鏡を使って胸部交感神経を遮断します。全身麻酔が必要ですが、手術時間自体は短く、患者への負担が小さいことが特徴です。多汗症の治療は皮膚科、心療内科、美容外科などで行われています。

レーシック 病院 安心

近視矯正手術 病院 選び方

posted by 医療 at 19:05 | 症状と治療法